メスなしで印象的な二重瞼を形成できる埋没法のメリット

埋没法はメスで切らない二重瞼の形成手術を指し、その人が持つ黒目の大きさに合わせて幅を調整しながら糸で皮膚を留めていくので、自然且つ華やかな目元を引き出してくれます。埋没法での二重整形は術後に皮膚を傷めにくいのもメリットで、アイテープやエクステンションを今後装着しなくても印象的な目力を常に維持できます。しかも埋没法は施術時間も美容外科手術の中では比較的短い部類に入るので、心身負担が掛かりにくく、効果の持続期間が約3~5年と比較的長いのも魅力です。従って将来一重に戻したいと考えてる人でも埋没法での二重整形は相性が良く、親から貰った大切な目を保護したい人には打ってつけです。埋没法の二重整形は、肉眼では殆ど見えない透明に近い細い糸で皮膚を2つ3つ留めていくので、術後の跡が全く目立たないのもメリットです。その上面倒な抜糸の手間も不要ですので、通院期間も短くてコストもリーズナブルに上げる事ができます。又、個人で気を付けるべきアフターケアに関しても、空気の乾燥や刺激など目への唐突な衝撃を避ける程度で日常生活を普通に過ごす事ができます。一般的に埋没法の二重整形は神戸市にもある美容外科で施術するのが原則になりますが、稀に術後に糸が突然切れてしまったり、糸の結び目が甘くて一重に直ぐに戻ったという事例もあります。このようなトラブルを避けるためにも、術前にしっかり無料カウンセリングをしながらシミュレーションもしてくれる神戸市にもある美容外科を選び、疑問に感じた事は全て解決してから施術に臨むのがベストです。